CONCEPT

CHANGE LANGUAGE

ラボ・キゴシについて

1970年代は、靴のファッション化が最も進んだ時代。
当時の靴は流行を意識して作られていましたが、”ブランド”という考え方はありませんでした。
そんな靴をトータル・ファッションの中にきちんと位置付け、明確なコンセプトの基に企画・デザインし、靴をファッション・ブランドとして打ち出す。
その流れの先頭を切ったのが、ラボ・キゴシです。
また、靴のファッションを追求するラボ・キゴシは、ファッションと同等に靴の独自性、すなわち靴の作りにこだわっています。
ヒール、ソールなどすべてのパーツが、靴を靴として成り立たせるための意味を持っています。 その意味を追求するのが、ラボ・キゴシの作りへのこだわりであり、それと同等にファッションを追求するのが、ラボ・キゴシの哲学。 そこに靴としての存在感を持った、靴のファッションが生み出されます。
工場を持たずに企画問屋としてスタートしましたが、現在は直営工場も持ち全国の有力専門店の他、著名百貨店内にインショップやコーナーを持ち、100%オリジナルのブランドを製造・販売しております。

SAYA ブランドコンセプト

デザイン性と機能性。それは、靴をデザインする上での大きなファクター。 しかし、機能を大事にするとデザイン性は落ちる。デザイン性を追求すると機能が損なわれる。靴のデザインにおいてこの2つのファクターは、得てして相容れません。
それを両立させたのがSAYA。
そして両立のコンセプトが「機能をデザインする」 靴は、歩く道具です。 その道具に必要な機能を満たすための素材、製法を吟味、決定。 その素材、製法が生きるデザインを考えます。そこに生まれたのが、SAYA。 快適に歩け、美しく装える「靴」です。

Works ブランドコンセプト

現代女性にとって「歩くこと」は、ライフステージを構成する欠かせない要素。 そのシーンをリファインするのが、RABOKIGOSHI works。
「働く」とは、「知性」と「行動力」の融合。「知性」を現するキーワードは「オーセンティック」 「オーセンティック=本物」は、時に淘汰されることなく今も存在するものであり、それは、知性の営みの証であるから。 そして「行動力」とは、時代感の表れである「モード」 現代女性の知性をモード感で演出、躍動感のある知性に変える靴。 それが、RABOKIGOSHI worksです。

RABOKI COLLECTION ブランドコンセプト

MADE IN JAPANにこだわる私達のオリジナルブランド。
上質なモノを造るには、目が行き届く生産背景で無ければならない。そう考えるからです。 raboki collectionは、MADE IN JAPANにこだわる我々だからこその、新しいインポートの提案。 本質を追求した素材、ディティル、カラーリング。を重視し 既存にはない独特の遊び心と感性を大切にした、新感覚でデイリーなアイテム。 raboki collectionとフィーリングの合うデザイナーやブランドとのコラボレーションした商品群。 今までの固定観念から逸した、新しく、魅力溢れるアイテム。 それは大人の遊び心と自らのスタイルを大切にする方へ向けた、ラボ・キゴシからの提案です。

PAGE TOP